土方歳三の愛刀「奥州兼定」
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

土方歳三の愛刀「奥州兼定」

《おうしゅう・かねさだ》
刀てぬぐい【幕末志士の愛刀シリーズ】
 和泉守兼定は戦国武将たちが愛した刀工の流派です。
 歳三の兼定は会津藩お抱えの刀工であった、十一代による江戸末期の作とされます。

 この刀は京都でのテロとの闘いを高く評価した、会津藩主・松平容保から賜ったものと言われています。近藤勇と同じく庶民の生まれの歳三は、刀によって出世し、自分の居場所を勝ち取った男です。
 歳三にとって日本刀は伝統的な「武士」の象徴であり、未来を切り開く武器であり、最期は「友」の象徴だったと言えます。
 絵は実在のものと兼定作の特徴を再構成して描いており、細川家の「歌仙兼定」の印象も取り入れています。実物は土方歳資料館(http://www.hijikata-toshizo.jp/)にて常設。御子孫が所蔵しています。

地色:桑の実色 。高貴な紫色の桑の実は薬に用いられ、葉は絹を産む蚕の餌となり、株を切ってもまた生えてくる不屈の植物です。


この商品は2016年に朝日新聞クラウドファンディング「A-port」で資金を募集して製作されました。初版限定100枚には、谷町として投資して頂いた方が指定された銘が入っています。
========商品注意=======
サイズ:約93×35cm
地:鴇色(ときいろ:ピンク)
製造国:日本製
*木綿地に精彩なカラープリントで、刃文まで再現されています。染めてぬぐいではありませんので、裏側に色はありません。
*洗濯によって多少の色落ちがあります。
*てぬぐいは早乾性を維持するために末端は縫ってありませんのでほつれます。ほつれを防ぐには、両端を縫って下さい。
*本品のタイトル「武州虎徹」は、地域(江戸=武州)+通名(刀の名または刀工の名)で構成しており、一般の刀名、刀工名とは異なる場合があります。
*絵は、実在の刀ではなく、名工の作の特徴を集めて描かれたものです。

¥ 4,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。