坂本龍馬の愛刀「土州吉行」
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

坂本龍馬の愛刀「土州吉行」

《としゅう・よしゆき》
刀てぬぐい【幕末志士の愛刀シリーズ】

 刀工は土佐藩のお抱え鍛冶である陸奥守吉行です。
 龍馬が暗殺される直前に手紙で兄に頼み手に入れたもので、高知から西郷隆盛が運んで来たという逸話のある刀です。暗殺の時に敵の一撃を鞘ごと受けました。
 名刀と言う知名度では、江戸へ剣術修行に行く際に兄にもらった、左行秀の方が上ですが、坂本家に伝わる家宝であったため「心の支え」として、これを側に置きたいと願いました。護身にはピストルを使いましたので、龍馬にとって日本刀は、「意思を貫くための象徴」であったと言えるでしょう。

現存する刀(京都国立博物館)は火事で焼け、形も刃文も失われています。絵は実在のものと他の吉行作の特徴を再構成して描いたものです。

地色:錆青磁(さびせいじ)。龍馬が洗濯しようとした、錆びた政治に掛けて。

**********************
この商品は2016年に朝日新聞クラウドファンディング「A-port」で資金を募集して製作されました。初版限定100枚には、谷町として投資して頂いた方が指定された銘が入っています。

========商品注意=======
サイズ:約93×35cm
地色:錆青磁(さびせいじ)
製造国:日本製
*木綿地に精彩なカラープリントで、刃文まで再現されています。染めてぬぐいではありませんので、裏側に色はありません。
*洗濯によって多少の色落ちがあります。
*てぬぐいは早乾性を維持するために末端は縫ってありませんのでほつれます。ほつれを防ぐには、両端を縫って下さい。
*本品のタイトル「武州虎徹」は、地域(江戸=武州)+通名(刀の名または刀工の名)で構成しており、一般の刀名、刀工名とは異なる場合があります。
*絵は、実在の刀ではなく、名工の作の特徴を集めて描かれたものです。

¥ 4,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。