勢州村正
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

勢州村正

《せいしゅう・むらまさ》
刀てぬぐい【名刀シリーズ】

 「妖刀村正」として知られた刀、千子村正の短刀です。徳川家に祟ったという伝説があります。実際には、家康の祖父の時代から愛刀として用いられた名刀です。そのため数々の逸話があり、それらがいつしか怪伝説となったとされます。
 村正は伊勢国の刀工で、室町時代に槍(やり)、長刀(なぎなた)など実践的な刀剣も数多く焼き、活躍しました。

 絵は「板目肌」から「柾目(まさめ)肌」とかわり、刃文に「皆焼(ひたつら)」が飛び混じる、村正らしい表情豊かな刃を描きました。拵えは、女性の懐刀をイメ ージし、黒漆に源氏香の図と源氏車、オシドリの蒔絵。
========商品注意=======
サイズ:約93×35cm
地:鴇色(ときいろ:ピンク)
製造国:日本製
*木綿地に精彩なカラープリントで、刃文まで再現されています。染めてぬぐいではありませんので、裏側に色はありません。
*洗濯によって多少の色落ちがあります。
*てぬぐいは早乾性を維持するために末端は縫ってありませんのでほつれます。ほつれを防ぐには、両端を縫って下さい。
*本品のタイトル「武州虎徹」は、地域(江戸=武州)+通名(刀の名または刀工の名)で構成しており、一般の刀名、刀工名とは異なる場合があります。
*絵は、実在の刀ではなく、名工の作の特徴を集めて描かれたものです。

¥ 4,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。