近藤勇の愛刀「武州虎徹」
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

近藤勇の愛刀「武州虎徹」

《ぶしゅう・こてつ》
刀てぬぐい【幕末志士の愛刀シリーズ】

 江戸時代初期に江戸で活躍した刀工・甲冑師の作です。虎徹(乕徹)は刀の名で、刀工は「長曽禰興里(ながそねおきさと)」です。
 本品のタイトル「武州虎徹」は、地域(江戸=武州)+通名(刀の名または刀工の名)で構成しております。

 新撰組隊長・近藤勇の愛刀として有名な「虎徹」。江戸時代の刀剣書で「最上大業物」と最上級の評価をうけました。そのため「大名差し」と呼ばれるセレブの刀で、贋作が非常に多く、本物を探すことの方が大変だと言われます。

 刃は明るく、初期の虎徹は「寛文新刀姿」と呼ばれる反りの少ないもの。延宝の頃、後期の作は反りのある伸びるような姿だと言われます。刃文は「互の目(ぐのめ)乱れ」で地鉄は板目肌。

**********************
この商品は2016年に朝日新聞クラウドファンディング「A-port」で資金を募集して製作されました。初版限定100枚には、谷町として投資して頂いた方が指定された銘が入っています。

========商品注意=======
サイズ:約93×35cm
地:褐返 (かちかえし:濃い渋青)
製造国:日本製
*木綿地に精彩なカラープリントで、刃文まで再現されています。染めてぬぐいではありませんので、裏側に色はありません。
*洗濯によって多少の色落ちがあります。
*てぬぐいは早乾性を維持するために末端は縫ってありませんのでほつれます。ほつれを防ぐには、両端を縫って下さい。
*本品の名称は、地域(江戸=武州)+通名(刀の名または刀工の名)で構成しており、一般の刀名、刀工名とは異なる場合があります。
*絵は、実在の刀ではなく、名工の作の特徴を集めて描かれたものです。

¥ 4,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。