賀州兼若
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

賀州兼若

《かしゅう・かねわか》
刀てぬぐい【名刀シリーズ】

 加賀国の名工「賀州兼若」の脇差。江戸時代初期の刀工で「加州兼若」「越中守高平」「藤原高平」とも呼びます。その作は加賀では右に出る者のいない名刀で、「身分は低くとも、兼若の刀を持っている侍ならば嫁にやろう」と言われたほどです。初代の作は現代にはあまり残っていませんが、二代目、三代目とその技は継がれました。

絵は、物打(ものうち:切っ先から30cmまでの部分)の峰に切込みがある、いわゆる「切込兼若」。切り込みは実戦で使用した際の傷です。刃文は「錵本位(にえほんい:刃文の境に粒子が現れる)」の「互の目(ぐのめ)乱れ」に「飛焼」きがみられます。
========商品注意=======
サイズ:約90×35cm
地:白石(白)
製造国:日本製
*木綿地に精彩なカラープリントで、刃文まで再現されています。染めてぬぐいではありませんので、裏側に色はありません。
*洗濯によって多少の色落ちがあります。
*てぬぐいは早乾性を維持するために末端は縫ってありませんのでほつれます。ほつれを防ぐには、両端を縫って下さい。
*生地には通常のてぬぐいよりも、糊が強く施してあります、3〜4回洗濯をすると、一般のてぬぐいの風合いになります。
*本品の名称は、地域(江戸=武州)+通名(刀の名または刀工の名)で構成しており、一般の刀名、刀工名とは異なる場合があります。
*絵は、実在の刀ではなく、名工の作の特徴を集めて描かれたものです。

¥ 4,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。