相州正宗
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

相州正宗

《そうしゅう・まさむね》
刀てぬぐい【名刀シリーズ】

 相模国の名工・五郎入道正宗の作。岡崎五郎入道とも呼ばれます。
 正宗は鎌倉時代に名を馳せ、日本刀の技術を完成させた人物とされ、その作風は「相州伝」と呼ばれます。硬軟の鋼を混ぜ合わせ強く鍛え、高温で焼き入れをして地刃を硬くしました。そのため、従来に比べ薄く狭くしても強く、軽い刀を実現しました。作品のほとんどは無銘のため、贋作の多い刀としても有名です。
 徳川家康、尾張徳川家、水戸徳川家、徳川慶喜、有栖川宮、加賀前田家、本多忠勝、石田三成、福原長堯などが所有しました、いわゆる「大名差し(だいみょうざし)」と呼ばれる、セレブの刀です。

 姿は、重ねは薄く日本刀らしい優美な形に「のたれ(ゆったりとした波のような刃文)」に近い「直刃(すぐは)」の刃文が伸びます。正宗の特長は、「板目肌」など地景や、刃文の中に現れる「金筋」「稲妻」といった表情が豊かなことでも知られます。

========商品注意=======
サイズ:約93×35cm
*市販の手ぬぐい額(見え寸87㎝)では入りません。特注が必要です。
地:烏(黒)
製造国:日本製
*木綿地に精彩なカラープリントで、刃文まで再現されています。染めてぬぐいではありませんので、裏側に色はありません。
*洗濯によって多少の色落ちがあります。
*てぬぐいは早乾性を維持するために末端は縫ってありませんのでほつれます。ほつれを防ぐには、両端を縫って下さい。
*生地には通常のてぬぐいよりも、糊が強く施してあります、3〜4回洗濯をすると、一般のてぬぐいの風合いになります。
*本品の名称は、地域(江戸=武州)+通名(刀の名または刀工の名)で構成しており、一般の刀名、刀工名とは異なる場合があります。
*絵は、実在の刀ではなく、名工の作の特徴を集めて描かれたものです。

¥ 4,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。